季節を感じる

便座を冷たいと思っていた季節が過ぎ、

腰かけても何とも思わなくなってきた。

あと一月もすれば、

この冷たさが心地よくなるのだろうと思う。


スポンサーサイト

夏の香り

昨年の種があったのだろう、庭にシソが生えていた。

そのシソを採って、ひやむぎの薬味にした。

うまい。

ゴマもいれてみる。

黒ゴマではなく、白ごま。

成分は同じと聞いたが、

おにぎりには、黒ゴマ、

そうめんやざるうどんには、白ごまである。

もう、これは決まりきった、当然の白黒。

少し食べた後、ショウガを入れる。

さわやかである。

そして、最後に、ゆず胡椒。

自分で、オトナだな、と思う瞬間である。


順序

将来の夢は、パティシエだけど、

それがダメなら、

ピアノの先生、

それがダメなら、

オリンピックの選手になりたい。

・・・どんどんハードルが高くなっとるぞ。

大相撲。

負けた力士をアナウンサーがレポート。

「口を真一文字に結んで、

 『明日、がんばります』と言っていました!」

・・・腹話術か?

茶色

ももたろうは、赤茶色が好きで、

カバンや靴は、その色を選ぶ。

しかし、今日、ふと気がついた。

その色は、チャバネゴキブリと同じ色ではないかと。