玉の腹から銀を打て

最近、なぜか感動した言葉である。

将棋で、玉の真横に銀を打つことが、寄せるのに効果的、

ということだと思うが、

カッコイイ格言である。

ももたろうは、小さい頃、祖父に言われた、

 「桂馬の高飛び歩の餌食」

という言葉が忘れらず、

なかなか桂馬を跳ねることができない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)