喪中

年賀状を準備する季節となりましたが、

「喪中のため新年のご挨拶を・・・」という

ハガキが毎年いくつか届きます。

まあ、11月下旬に亡くなって、

お正月が四十九日前になってしまう、

四十九日までは喪に服している、という

ことなら理解できますが、

2月に亡くなって、「喪中」だから年賀状は遠慮する、

というハガキもあって、

え? 1年近くも喪に服すのか?

喪に服すって、何してるの?

と、ついつい思ってしまうケースがあります。

そうかと思えば、

葬儀と初七日を一緒にやってしまう場合もあるらしく、

それぞれの意味だとか、本来の目的だとか、

そういうものが無くなっているように感じます。

どうなってるのかね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)