坊主憎けりゃ袈裟まで

インターネットには、

小説などの本のレビューが書かれていることがある。

これは役立つことも多いのだが、

なかには、作品そのもののレビューではなく、

作家の考え方に賛同できないとか、

ほんとうは○○賞受賞の際にモメたとか、

作品とは直接関係のないことが

書き込まれたものが多数ある。

その商品とは直接関係のない情報によって、

満点で星5つのところに、星1つ、

という、へんな判定をつけているものが目立つ。

自分の思想と合わないからといって、

そのような批判は、やり方がまちがっている。

レビューに、そんなことを書くな。

バカか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)