桃嫁が、「あんたの服を見立ててやろう」

と恩着せがましく言うので、

ショッピングセンターに行った。

桃嫁は、おしゃれなのかもしれんが、

ちょっと違うモノを選ぶ。

柄や素材やデザインや、奇抜ではないものの、

少し変わった服に反応する。

「君の着る服は、これだ」と桃嫁が宣言するので、

試着してみた。

腕が窮屈である。

別にももたろうはマッチョではないし、

腕が特に太いわけではないが、

窮屈な服を縮こまって着用するのは、

がまんならん。

締め付けられるのが大嫌いなのだ。

基本的に、

ぼろくても、洗濯さえしていれば、いいだろう、

ゆったりしたものがよい、という考えなので、

おしゃれなんぞとは縁遠いのである。

とはいえ、桃嫁の見立てにより、セーターを買った。

よそ行きのセーターにしよう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)