どこ見てるんだ?

胃腸薬のソルマックのコマーシャルで、

歌を歌っている森三中。

あの歌、ももたろうは、とても好きです。

コマーシャルを見るたびに、

桃嫁に、「いいなあ、この歌」と繰り返し言っています。

桃嫁は、「ええー、でも、森三中だよ。違う名まえだったら、きっと売れるよ」。

待て待て。それはどういう意味だ?

歌は、歌で評価されるべきだと思うよ。

顔も経歴も、まったく関係ない。

小説も、作品が評価されるべきであって、

作家の経歴や生い立ちや、年齢や名前なんて、評価の対象にはならない。

もっと言えば、文庫本に作家の写真が掲載されているけれど、

作家の顔なんて見たくない。

作家本人に興味がまったくないわけではないけれど、

想像の中にとどめておきたい。

想像した顔や姿と一致することは、絶対にないから。

「おまえが恋愛小説を書いているのか?」という的外れなツッコミはしたくないし、聞きたくない。

作品だけを見たいのだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)