あたためますか

駅に着くと、雨が降っていた。

職場を出たときには降っていなかったので、傘は持っていない。

日頃愛用しているのは、古い小さな傘と、ビニール傘。

ビニール傘は職場の置き傘として使っている。

よし、この際奮発して、大きな傘を買おう。

決断して、駅の近くのコンビニへ。

店舗入口近くに置いてある、大きな黒い傘を手に取り、レジへ。

レジには、身長180センチ超、坊主頭という迫力ある兄ちゃんが立っている。

ももたろうが傘を出すと、180センチ坊主は、すかさず営業用の微笑みを浮かべ、

「こちらの商品、温めますか、あ、いえ、す、すぐにお使いになりますか」。

漫才でもコントでも、もう見られないだろうと言われるボケをかまして、

あわてる180センチ。

傘の包装ビニールと値札を取り外してもらい、雨の中へ。

大きな傘は、大きなももたろうを雨から守ってくれる。

家に帰ると、玄関にゴミの袋が。

ああ。今日は水曜日、ゴミ出しの日だ。


スポンサーサイト

コメント

(>Σ<)うちもゴミ出しの日です

180センチ超えにいちゃんと負けんくらい大きなももたろうさんと。
両者に流れる「え?」な空気と。
想像したら笑ってしまいました( ̄m ̄〃)

●みんさん

まじめに働いていると、かえって面白いことが見つかったりするものです。

> 180センチ超えにいちゃんと負けんくらい大きなももたろうさんと。
> 両者に流れる「え?」な空気と。
> 想像したら笑ってしまいました( ̄m ̄〃)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)