誰も教えてくれなかった

保育園に通っていたころ。

ももたろうは泳げませんでした。

みんな、プールで顔を水につけているのですが、

ももたろうには、それができません。

いえ、できるのですが、鼻の奥が痛くなるのです。

そう、ももたろうは、水の中で息をしようとしていたのです。

きっかけは忘れましたが、

水の中では息を止めるのだ、ということに気がつき、

それから泳げるようになりました。


スポンサーサイト

コメント

当たり前のことは案外人から教えてくれないですよね。
なのでそこでつまずくと大変です。

気がついてよかったです。気がついてなかったら今頃えら呼吸してるかも。。。^^

●jojiさん

あたりまえのことが、あたりまえになるまでには、
かなりの時間がかかるものだと思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)