いずれか

先日、仕事で名刺交換をしたところ、

「なんとなく、この名前、見たことあるなあ」

と思っていると、

先方から、「数年前、××でお会いしませんでしたか?」

と言われました。

職場に戻って調べてみると、

たしかに6年前に一度名刺交換をしています。

その人は、ももたろうの顔をおぼえていたのです。

ももたろうは、自分では空気のような存在だと思っています。

黙っていれば、誰の記憶にも残らない、平凡な顔。

決して目立たない雰囲気。

その人の記憶がすごいのか、

ももたろうの存在が個性的なのか・・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)