理由が必要なのか

数か月に一度くらい、整骨院に行くことがあります。

肩がこっていたり、肩甲骨の後ろあたりが痛かったり、

決まった症状はないものの、施術してもらうと改善します。

ところが、整骨院によっては、

症状の原因は何か? と執拗に尋ねてくるところがあります。

肉離れとか、ねんざとか、骨折とかだと

原因や理由はわかりやすいと思いますが、

「なんとなく背中がだるい」「腰に違和感がある」

なんていう状態だと、「いつからか」というのさえ、

わかりません。

そこで適当に理由を作って言うことになります。

「寝違えた」「重い荷物を持った」「転んだ」

などとでっち上げます。

先日、理由を考えるのも億劫なくらい、肩が痛い時がありました。

やっぱり「なぜ、そうなったのか」と訊かれるので、

「スルメを噛んでいたら痛くなった」

と受付で告げたところ、

受付のお姉さんは笑いをかみ殺していました。

スポンサーサイト

コメント

>スルメを噛んでいたら痛くなった

それは受けますね。

●ぷりんちゃん

やけくそです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)