つぶれろ

ホームセンターに行きました。

背広のおじいさんを取り囲むように

数名の男性が行進しています。

売り場の店員を紹介。

ホームセンターの社長(?)が現場に足を運び、

視察しているようです。

いい取り組みだとは思いますが、

問題は、従業員の社長優先という姿勢。

棚を見ているももたろうに「そこのけ、そこのけ」

という感じでせまってきます。

お客さんよりも社長が大事?



商品をレジに持っていくと、

レジスターが「2,480円」と表示。

棚の値札は1,980円だったので、

レジ係の女性にその旨伝えると、

「別の種類と勘違いしてませんか?」

という返事。

「いや、1,980円だったよ」

「でも、レジは2,480円と出ます」

「1,980円だった。きちんと調べてほしい」

と訴えると、

レジ係は男性社員を呼び出し、金額を調べるように要請。

男性社員からの回答は「1,980円です」。

レジ係は、もう一度バーコードを読み取り、

「やっぱり2,480円になるよ」と男性社員に文句。

男性社員は「500円値引きでレジを打て」と指示。

レジ係は「あ、そう」。

「あ、そう」じゃないだろ!

なぜ、誰もお客さんであるももたろうに謝らないのだ?

「すみません、レジの設定がまちがっていました」

と、なぜ言わない?

レジ係の女性は「私のせいじゃないし」みたいな顔つきで、

男性社員も「レジのことは知らんし」みたいな目をしている。

こんな会社、つぶれてしまえ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)