たけのこ

子どもの頃、町内に山がたくさんあって、

タケノコがたくさん採れた。

ももたろうの家では山は持っていなかったけれど、

近所の人からもらったり、

山の持ち主が子どもたちを集めてタケノコ掘りを企画したり、

とにかくタケノコは身近な食べ物だった。

今は、京都の料亭に出るとかいう、「○○のタケノコ」が

有名だが、

あれは、広告宣伝がうまかったから全国区になったけれど、

近所の山でも、おいしさは、そんなに変わるもんじゃない。

むしろ、金をかけずに

「○○のタケノコ」よりもおいしいタケノコを

ももたろうたちは食べていたように思う。

3月下旬から5月の連休にかけて、

食卓にはタケノコを使った料理ばかりが並ぶ。

タケノコごはん、タケノコの味噌汁、タケノコの和え物、

なんにでもタケノコは主役となって、皿に載っている。

毎朝、毎昼、毎晩、食べるのだが、季節もののせいか、

とてもおいしい。

おいしいけれど、1か月も毎日食べていると、

さすがに、「もういいかな」と思えてくる。

そんな思いが芽生えてくるころが、

タケノコのシーズンの終わりだ。

ゴールデンウイークが終わる頃だ。

今、地元の山では、タケノコを作っていない。

20年ほど前に、安い外国産のタケノコが入ってきて、

みんな作るのをやめてしまった。

タケノコは、勝手に生えてくるわけではなく、

木を伐ったり、肥料をやったり、

日当たりをよくしたり、

とにかく山の世話をしなければならないから、

年寄りばかりの田舎では、

タケノコ山を維持していくのは難しい。

今では竹ばかりの山になってしまって、

おいしいタケノコは出てこない。

ももたろうが口にするタケノコも、

子どもの頃に比べれば、とても貴重な品になった。

大人になったももたろうは、

とても貴重なタケノコを

少しずつ噛みしめるようにして、

大事に食べている。

スポンサーサイト

くもりのちはれ

あまりよくない最近のこと

1.仕事の関係で不規則な生活になって、少し太った。

2.少し前に買ったミキサーが、リコールの対象になった。


ちょっとうれしい今日のこと

1.ご飯と味噌汁がとてもおいしい。

2.山や庭の緑がきれい。

万年筆

万年筆をいただいた。

インクのカートリッジを差し込んでみたが、

インクが出ない。

少し待つか、と思い、

ときどき試し書きをするが、

インクは出ない。

カートリッジを装着したのが朝。

そして、やっと書けるようになったのが夕方。

気長につきあうものなんでしょうね。

桜が咲いた。

うれしいな。

逆転で勝った

プロ野球オープン戦を観戦。

ピールを飲む。

サンドイッチを食べる。

そして太る。

排水溝へ

風呂からあがってタオルを手に取り、

身体を拭いていたところ、

どこかで嗅いだ懐かしい、ニオイが!

ゴシゴシ身体をこすると、

とてもクサい。

ああ、このタオルだな。

足元を見ると、黒い丸いものが落ちている。

拾って手に取る。

カメムシだ。

ああ、天気がよいから、

外に干していたタオルに付いて

そのまま部屋の中に入ってきたのだな。

まあよい。

君はこれから泳ぎに行くのだ。

達者でな。



かけひき

シロハラという鳥が遊びにやってくる。

庭の土をつついている。

背後から、近所の飼い猫が忍び足で近づく。

シロハラは、ふわっと舞い上がり、

ナナミノキの枝にとまる。

猫はあきらめて、背中を向ける。

途端、鳥は地に舞い降りる。

ハッとして、猫が振り返る。

鳥は知らぬ顔。



平凡な平日

今日は仕事が休みだったので、

晩御飯を作った。

たまに料理をするのは気分転換にもなり、

とてもよいのだが、

毎日は大変だと実感。


洗面台の収納スペースを整理。

ケースを置いて、その中に洗剤のストックなどを。

劇的な変化!には至らず・・・。